さぁロンドン二日目の朝をむかえ、いよいよお仕事モードであります!!

もちろん、初日のグッドウッドも決して遊びで行った訳ではなく、「ジェントルマンとクルマの関係性」について学びに行った次第なのです!( ̄^ ̄)ゞ


さて、本日は当店でも取り扱いのある英国老舗傘ブランド『 FOX UMBRELLAS (フォックス アンブレラ)』の工場見学です!!(≧∀≦)/

フォックス アンブレラは、トーマス・フォックスにより、1868年に英国金融街シティにて創業。
現在の傘の世界基準である「U字断面のスチールフレーム」を開発。また、戦後間もない1947年、空軍のパラシュート最新素材ナイロンを利用して世界で初めて化学繊維による傘を開発するなど、世界で最も有名な老舗アンブレラブランドであり英国傘の代名詞として人々に認知されています。

foxumbrellas.jpg

ヴィクトリア女王の時代から変わる事なく、木型による生地の裁断、ミシンによる縫製、メタルフレームの組み立て、各種自然素材のハンドルの加工など、すべての工程が熟練の職人の手により1本1本おこなわれています。
機能性だけでなく、そのフォルムの美しさや素材へのこだわりなどから英国王室を始め絶大な支持を集めています。

との解説を聞いておりましたが、実際にその現場をこの目で確かめさせて頂きます!!( ̄^ ̄)ゞ


工場の外観はレンガ造りでイイ感じですが、意外なほどこぢんまりした工場でちょっとビックリ。

IMG_8072_17.jpg

まずは2階の部屋に通されると、そこには沢山の製品が並んでおりました!!おおおおぉぉぉ!!!

傘の色柄も豊富ですが、ハンドル部分の素材や形も多種多様です。

手前の方にはアヒルやキツネ、魚の形をした物までありますが、これらを違和感なく小脇に携えるにはハードルが高いですね。

あっ!でも、うちの野田くんならイケそうだな。。。(^_^;)今思えばこのハンドルをお土産にすれば良かった。

IMG_8007_17.jpg

一通りのお話しを聞いた後、1階の工場へ。

そして入った瞬間、「工場」と言うよりも「工房」と言った方がピッタリだなと思った次第!!


傘の生地の裁断は、まとめてプレス機の様な機械で裁断するのかと想像してましたが!!

まさかの一枚一枚ナイフで手裁断!!!柄合わせも驚くほど丁寧!!!やりますねぇ!!!(≧∀≦)

IMG_8017_17.jpg

手裁断された生地を専用のミシンで縫い合わせていきます。

IMG_8040_17.jpg

ツルツル滑りやすりナイロン地を寸分の狂いなく縫い合わせる技術は、まさに匠の技です!!!

IMG_8039_17.jpg

傘の骨に生地を留めていきますが、ナイロン生地なので失敗が許されません!(ToT)

IMG_8047_17.jpg

本当に手作業ばかりで、そして、丁寧。(ToT)
丁寧な仕事は日本人だけかと思っておりましたが、考えを改めます。m(_ _)m

IMG_8037_17.jpg

仕上げのアイロンをかけると、思わず「おおおぉ!!」と声を上げるくらいシャッキっと美しい仕上がりに!!!

IMG_8051_17.jpg


ここまでは縫製部分の工房でしたが、別の部屋にハンドルや金具などの製作取付部門もあります。


ここは、ご覧の様に「作業場」という感じです。

正直、ハンドルや金具類はどこか他のメーカーが作って納入してると思っておりましたら!

まさかの!ここやってます。(ToT)

IMG_8054_17.jpg

傘の開け閉めのスライドを留める金具は、針金から手作業で形を作っていきます。(ToT)

IMG_9441_17.jpg

100年以上使われてるというこのグラインダーのような機械が超優れもの!!!

この一つの機械で3工程くらいの削り出しが可能!!!まさに現場の創意工夫が生み出したものです!!!

IMG_8063_17.jpg

全ての最終工程がここ!!

傘の先端とハンドルを、溶かしたハンダで付け固定して出来上がり!!!!(*^O^*)/

IMG_8067_17.jpg

どうです!

まるでステッキの様にさえ見える、この凛とした美しさ!!

IMG_7316_1704.jpg

そして、広げたときの!この完璧なフォルム!!!美しすぎます!!!(ToT)(ToT)(ToT)

IMG_7338_1704.jpg

如何でしたでしょうか?

この時代錯誤とも思えるほどの手作りへのこだわりと匠の技。

やっぱり美しい物には、ちゃんと訳があるのです。

そして、このフォックス・アンブレラの傘さえ携えていれば、間違いなくジェントルマンになれます!!

勝手にそういう立ち振る舞いになるのです!!



傘はすぐ無くすから、安物のビニール傘でよかもんねぇと言うそこのあなた!!!

ごめんなさい!私もそう思ってました。m(ToT)m

でも、違うんです!!安物だから無くすんです!!どうでもいい傘だから無くすんです!!

ちゃんとした傘なら大事に思うから無くさないんですぅ!!(≧∀≦)/

大事に思うから立ち振る舞いも変わるのです!!!


と、熱く語りたくなるくらい真面目に作られたフォックス・アンブレラの傘なのでした。

ポール社長、お忙しい中ありがとうございました!!(*^O^*)/

IMG_8071_17.jpg


という訳で、このフォックス・アンブレラも仕入れております!!!

ちなみに正規品のフォックス・アンブレラには1年間の保証がついております。その後も正規の修理(有償)のサービスを永久に受けていただけますので、本当に一生モノとしてお使い頂けます!!


===============================
クロキ ビスポーク ルーム
オーダーで変わる粋な大人のスーツ
http://www.kuroki-br.com
===============================
さて、『グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード』を後にして、また2時間ほどかけて宿泊のRACへ戻ります。

一日中興奮しっぱなしで、なんだかやりきった感が漂っておりましたが

今晩のディナーは、なんと!あの老舗英国マーチャント『ハリソンズ・オブ・エジンバラ』の社長ジェームス氏との会食が待っているのでした!!!

ジェームス社長とお目にかかるのは、実に4年ぶり2回目。

4年前は「田舎で面白いオーダースーツ店が頑張ってる」と聞きつけて、日本への出張の際にわざわざ足を伸ばして当店まで来て頂いたのです!!!

その時(2013年10月)の写真。。。みんな硬いです。(^_^;)
PA215399_17.jpg



で、今回のディナーではこんな感じ!! 

お酒も入ってるので実に上機嫌!!!ワハハ!!!英語で何言ってるか分からなくてもワハハハ!!!

大事なところは、今回の旅の前半を準備して頂いたスーツ生地商社マルキシの岸社長が流暢な英語で通訳をして頂いておりますので伝わっております!!!ワハハハ!!!

右にいるのは、販売を統括しているマーク氏。ジェームス社長の従兄弟です。

IMG_7979_17.jpg

初日の中華料理店Wong Kei(ウォン ケイ)とは違って、宿泊しているRAC(ロイヤル・オートモービル・クラブ)のレストランなので、英国雰囲気を感じながらディナーを頂きました。笑

IMG_7975_17.jpg

「イギリスの料理はまずい!」とよく言いますが、ここにアップした様なシンプルなステーキ類は美味しいです!!!

でも、それ以外は・・・(ToT)

全般的にコクや旨みが無く、味が付いてない感じ。

ひと味足りないのではなく、料理に大事なものを入れ忘れた感じ・・・ イギリス大大大好きなんですが、イギリスの皆さんゴメンナサイ。(ToT)

IMG_7973_17.jpg

ちなみに今回、ジェントルマンズ・クラブの『RAC』に宿泊できたのは、何を隠そうジェームス社長のお陰でありました!!

ジェームス!!ありがとう!!(≧∀≦)/



本当に他愛も無い話で大いに盛り上がり、夜は更けていくのでした・・・  Zzzz ( _ _)



                           つづく


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


本日12(土)と明日13(日)は通常営業しておりますが、お電話にてご予約をお願いいたします。


店休日 8/14(月) 〜 16日(水)


===============================
クロキ ビスポーク ルーム
オーダーで変わる粋な大人のスーツ
http://www.kuroki-br.com
===============================
ちょっと間があきましたが

昼飯抜きで突撃グッドウッド取材の後編です!!

撮影してきたクルマの写真がちょっと多すぎるので、ノーコメントをご了承ください。m(_ _)m

IMG_7909_17.jpg

IMG_7910_17.jpg

IMG_7912_17.jpg

IMG_7913_17.jpg

おおおお!!!!これはノーコメントではいられません!!!大好きだったナイジェル・マンセルがドライブしていたフェラーリ641。個人的にはこの頃までのF1のデザインが大好きです!!この後位からノーズが持ち上がってF1のデザインが・・・。
でも、一番好きだったのは、1988年、ロリー・バーンがデザインしたベネトンB188ですねぇ。しかも、ドライバーもイタリア伊達男アレサンドロ・ナニーニで、クルマもドライバーもカッコ良かったなぁ〜 あっ!でも同年に空力の鬼才エイドリアン・ニューウェイがデザインしたレイトンハウス・マーチ・881も甲乙付けがたいなぁ〜(≧∀≦)
IMG_7915_17.jpg

IMG_7917_17.jpg

IMG_7918_17.jpg

IMG_7921_17.jpg

IMG_7925_17.jpg

IMG_7926_17.jpg

IMG_7928_17.jpg

IMG_7929_17.jpg

IMG_7930_17.jpg

IMG_7931_17.jpg

IMG_7933_17.jpg

IMG_7934_17.jpg

IMG_7935_17.jpg

IMG_7937_17.jpg

おっ!これも大好きなナイジェル・マンセルがドライブしたウィリアムズFW14です。
IMG_7938_17.jpg

これこそノーコメントではいられないなぁ〜
1994年5月1日サンマリノGP決勝、イモラサーキット・タンブレロコーナーですよねぇm(ToT)m 
今でも忘れないです。当時大学4年生でバイト帰りに友人宅に立ち寄って一緒にF1中継見てたら、セナのまさかの大クラッシュ!!!その数時間後には訃報が・・・。(ToT)しかも、前日の予選でもローランド・ラッツェンバーガーが大クラッシュして亡くなっていただけに、本当に悲劇のサンマリノGPでした。。。
IMG_7939_17.jpg

IMG_7940_17.jpg

今年のルマンを征したポルシェの2号車。でも、もうそろそろトヨタの皆さんの頑張りが報われますように。
IMG_7941_17.jpg

IMG_7945_17.jpg

日の丸を付けた葉巻型のフォーミュラカーは、本田宗一郎氏そのものという感じですね。
IMG_7946_17.jpg

IMG_7949_17.jpg

IMG_7950_17.jpg

IMG_7953_17.jpg

IMG_7955_17.jpg

IMG_7957_17.jpg

IMG_7962_17.jpg

IMG_7963_17.jpg

IMG_7964_17.jpg

IMG_7965_17.jpg


以上、ここに紹介した写真でもまだ一部です。広大な敷地で行われるので、回れなかったエリアもかなりあります。

『グッドウッドフェスティバル・オブ・スピード』は、一日では全く時間が足りませんでしたが
それでも、クルマ好きならテンション上がりっぱなしで大満足できました!!!!(*^O^*)(*^O^*)(*^O^*)

無駄をそぎ落とし、速く走ることにだけに情熱を注がれたスポーツカーは本当にカッコいい!!!!!!!



イベントを体験して感じたのは、やはり文化の違い。本当に大きな文化の違い。

日本のクルマ文化はやはり若者や一部マニアのサブカルチャー的位置づけでしかないのですが、
イギリスでは、貴族や文化人の嗜みのようにも感じました。本当に羨ましい!!!
決して高級なクルマだけを求めているのではなく、旧いものに手を入れ大事にしている様子がうかがい知れます。

これはクルマに限ったことではなく、英国のスーツにも相通じるところでもあり
しっかり丈夫な生地で親子2代、3代に渡って着用できるのは、英国のスーツくらいです。
よその国の良いところは是非取り入れていきたいものです!!(*^O^*)


さぁ、英国の(裏)メインイベントも無事見終え、私の中では旅の全てをやりきった感がありましたが
まだ、『3大聖地巡り』のどこも巡っておりませんでした・・・。(^_^;)


次回からが今回のイギリス任務の本番です!!!

                        つづく






明日から3連休ですのでご注意を。

店休日 8/9(水) 〜 11日(金・祝日)

12(土)・13(日)は通常営業しますが、お電話にてご予約をお願いいたします。

店休日 8/14(月) 〜 16日(水)


===============================
クロキ ビスポーク ルーム
オーダーで変わる粋な大人のスーツ
http://www.kuroki-br.com
===============================
『グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード』へついに辿り着きました!!!!m(ToT)m

道中は不安になるくらい人が少なくて

本当にそんなに大きいイベントが開催されてるのか疑心暗鬼になっておりましたが

ゲートの外まで響き渡る様々なクルマのスロットル全開のエンジン音を聞けば、そんな不安は吹き飛びました!!!!

IMG_7752_17.jpg

ゲートで事前購入チケットを見せ、いざ会場内へ!!!
とにかく会場が広いので、最初はどの辺りでどういうものをやっているのかさっぱりつかめず。(^_^;)

とりあえず一番爆音の響き渡っている方向へと足早に向かいます!!!

IMG_7765_17.jpg

途中、見たいブースが本当にありすぎておかしくなりそうです。(ToT)



後ろ髪を引かれながら爆音と人だかりにの方へ突き進んでいくと!!! 



辿り着きましたぁ!!!!!!!!!!!!



グッドウッドの映像で印象的なグランドスタンド前にあるアーチを発見!!!!! ついに来たぁ!!!!!


IMG_7789_17.jpg

そして、ついに夢にまで見たグランドスタンドへ上り観戦です!!!

IMG_7776_17.jpg

すぐ目の前を、最新鋭のフォーミュラカーからクラシックカーまで様々なクルマが

エンジン全開で駆け抜けていきます!!!(≧◇≦)

またグランドスタンド前には、毎年新しい巨大なオブジェが飾られます!!!

人の比べるとその大きさが分かると思いますが、この4日間だけのために凄いです。。。

IMG_7778_17.jpg

フェスティバル・オブ・スピード(スピードの祭典)というタイトルですが、レースではありません。

様々なカテゴリーに分けて1セット十数台が1台ずつタイムアタックをしますが、

それで一番早かったからといって優勝とかはありません。

旧いクルマは、トラブルで途中で止まったりする事も多々ありますが、スタンド前をレッカーで引かれていく姿も何とも微笑ましくて名物。

IMG_7801_17.jpg

また、ドライバーによってはメインスタンド前でドリフトスピンを何周も決め観客を沸かせます。

まさにフェスティバルなのです!!!(*^O^*)/

IMG_7809_17.jpg

また、会場上空ではなんとぉ!!
ジェット戦闘機(たぶん、ユーロファイター)の航空ショーも繰り広げられ、この時の爆音がまた凄い!!!
まるで雷のような音!!

地上ではクルマ、上空では飛行機も堪能できて、グッドウッドは一度で二度おいしいイベントです!!!


本当に目を離せないのですが、合間の燃料補給はグッドウッドフェスティバル・ラガービール!!
IMG_7796_17.jpg


この後、お昼過ぎになったので同行のみなさんが、ランチにしましょう!

ということになったのですが・・・  私はその時間がもったいなくて もったいなくて (ToT)・・・



「ごめんなさい!!私はランチ抜きで良いので、会場を見て回ってて良いですか!!(≧∀≦)」





という訳で、昼飯抜きで突撃グッドウッド取材決行(*^O^*)(*^O^*)(*^O^*)!!!!!!!!!!

〜 前編 〜

ゲート1から入って真っ先にあったのが、英国アストンマーティンの最新型『DB11』。

このモデルからアナログメーターが廃止され、ディスプレイ型メーターになったので残念に思っておりましたが
この洗練された近未来的エクステリアを見れば、そりゃディスプレイ型メーターが似合いますねと納得!!
IMG_7755_17.jpg


かなりマニアックな自動車メーカー、英国アリエル・モーターカンパニーの『アリエル・アトム3.5』。
ちなみにエンジンは、HONDAシビックTypeR の物をスーパーチャージャー付きで搭載。楽しそうです。

以前、お客様でこのクルマを持ってるよと仰ってあった方がいらっしゃいましたが・・・どなただったかなぁ〜(^_^;)
IMG_7760_17.jpg


上記の個性的なクルマを手がけるアリエルのオートバイ『アリエル・エースR』。
こちらもクルマと同じくエンジンはHONDAでVFR1200Fのものを搭載。
このバイクの最大の特徴は、ミッションやホイールベース、サスペンション等、そのカスタマイズの豊富さ。
IMG_7761_17.jpg

そのカスタムで選べる複雑な機構のフロントサスペンション!!
乗り心地も気になりますが、そのメカニカルな雰囲気だけで選びたくなります!!
IMG_7762_17.jpg

電気自動車のF1カーである英国ジャガーのフォーミュラEカー。
グランドスタンド前をフォーミュラEカーも走っておりましたが、まるで大きなラジコンカーが走ってるように静かで不思議な感じがしました。それでいてとてつもなく早いのですが。(^_^;)
IMG_7833_17.jpg

このガルウイングのスーパーカーは・・・なんだったかなぁ。
とにかく台数が多いので、気になるクルマはみなさん調べてください!(*^O^*)/
IMG_7771_17.jpg

IMG_7834_17.jpg

IMG_7841_17.jpg

IMG_7845_17.jpg

IMG_7846_17.jpg

IMG_7847_17.jpg
会場内の「Exhibitors」エリアでは、フリーマケットのようにクルマから小物まで色々な物が売られおります。
憧れストラトスも「FOR SALE」です!!!
IMG_7850_17.jpg

IMG_7851_17.jpg


世界最高速(予定?)のクルマ「Bloodhound SSC」。
ジェットエンジン2基載せて全長約13m。スピードは音速を超えて時速1600km以上らしいです・・・(^_^;)
もうクルマと呼べるのか微妙なスタイリングですが、その情熱に感動します。(ToT)
IMG_7860_17.jpg

IMG_7858_17.jpg

IMG_7865_17.jpg

IMG_7866_17.jpg


こちらのビートル、実は電気自動車キットを組み込んで、正真正銘の電気自動車になっておりますした!!!(*^O^*)/
本来エンジのある所に大きなモーターらしき物が組み込まれています!!!
デザインも損なわず、素晴らしい仕上がりです!!!
IMG_7875_17.jpg

従来の給油口にプラグが設置されており、本当に完成度が高い!!!
このビートル以外に、空冷ポルシェ911や昔のフィアット500の電気自動車も展示してありました!!!
何でも電気自動車に出来てしまう電気自動車化キットは、将来大ヒットするかもですね!!!(≧∀≦)
IMG_7872_17.jpg

IMG_7877_17.jpg

IMG_7853_17.jpg

IMG_7878_17.jpg

IMG_7880_17.jpg

映画カーズの主人公マックウィーンの実写もありましたが、動くのかな?
IMG_7881_17.jpg

IMG_7882_17.jpg

レクサスLH500は結構人だかりが出来てました!!!なんだか日本人としても嬉しいもんです!!
IMG_7883_!7.jpg

IMG_7966_17.jpg

ランボルギーニ・アベンタドールのグッドウッド記念モデルです。
IMG_7969_17.jpg

英国マクラーレンの720S。写真で見たときは・・・でしたが、やっぱり実車はカッコ良かったです!!
IMG_7884_17.jpg

IMG_7891_17.jpg

IMG_7892_17.jpg

IMG_7896_17.jpg

IMG_7897_17.jpg


ここは出走直前のパドックエリア。
往年の名車や最新鋭のフォーミュラカーなどのエンジン音をすぐ近くで味わうことが出来ます!!!
爆音ですが、なんとも心地よいから不思議です。
IMG_7901_17.jpg

IMG_7898_17.jpg

老夫婦のドライバーが実に画になります!!!
IMG_7903_17.jpg

写真の量が多すぎて、残りは次回!!!
そして、グッドウッドの醍醐味は次回紹介する待機ピットにありです!!!
とにかく凄いクルマが溢れんばかりに並んでます!!!



                         つづく



===============================
クロキ ビスポーク ルーム
オーダーで変わる粋な大人のスーツ
http://www.kuroki-br.com
===============================
ドナドナド〜ナ〜ド〜ナァ〜♪♪

悲しみに暮れ窓の外へ目をやると、そこには羊のみなさんの群れが。。。


 羊のみなさん、大変お疲れ様です!! いつもお毛をありがとう!大事に着ておりますよ!(ToT)/


IMG_9033_17.jpg

10分程バスは走れど、見えるのは変わらず広い草原と羊のみなさん。。。 

道路前方に見えるトンネルの様になった木が続きますが、ダブルデッカーバスはバキバキと枝をへし折りながら進みます。おかげでグッドウッドもバッドウッドに・・・(ToT)

IMG_9034_17.jpg




変わらない風景が続いておりました・・・   が!?

あれっ!? 木の間に見えたのは!?




もしかして!




駐車されたクルマではありませんかぁ!!!! 間違いありません!!!! かなりの数のクルマです!!!!



うおぉぉぉぉぉぉおぉぉぉぉ!!!!! 

IMG_9036_17.jpg


うおぉぉぉぉぉおぉぉぉぉおぉおおおおお!!!!!!


何にも無い草原に!! 凄い数のクルマとキャンピングカーです!!!!!


これまでこんな数のキャンピングカーは見たことありません!!!!


写真に写っている数倍のキャンピングカーとそれ以上のクルマが駐車されています!!!


IMG_9039_17.jpg


正直、期待値がゼロ近くまで落ち込んでいましたが、一気にテンションはMAX!!!!!!!!!!!!!


やっぱり間違いないなかったぁ!!!ごめんよぉ〜グッドウッドぉ!!!!疑ったりしてぇ!!!!(ToT)(ToT)(ToT)


グッドウッドは4日間も開催されるし、列車の便もあまり良くないので、みんなクルマやキャンピングカーで来てるみたいです!!!

しかも、最終日のお昼近い時間になってたので、ほとんどの来場者は到着してたに違いありません!!!!


もしかしたら、特設バスチケット売り場も撤収間際だったのかも・・・。


何はともあれ!これだけクルマが集まってる訳ですから、もう疑う余地はありません!!!!( ̄^ ̄)ゞ


もうちょっとだ!!!まってろぉ〜 グッドウッドぉ!!!!



                          つづく



===============================
クロキ ビスポーク ルーム
オーダーで変わる粋な大人のスーツ
http://www.kuroki-br.com
===============================