FC2ブログ
さて、イギリス3日目は、初めて海外でレンタカーを借りてストーンヘンジを見に行くことに。(*^O^*)/

実は、海外でレンタカー借りるってハードルが高いなぁと思っておりましたが、国際運転免許証という物が、いとも簡単に発行してもらえることを今回知ったので試しに取得しておきました。

それにイギリスは日本と同じ右ハンドルで左側通行のため、なおさら安心感があるので海外初レンタカーを試すには打ってつけなのです!
IMG_4588_1910.jpg

レンタカーはロンドンで借りれば良かったのですが、市内は渋滞も多いので郊外のガトウィック空港で借りた方が心配いらないかなということで、まずは朝一でビクトリア駅へ二人してスケートで猛ダッシュ!!人通りも車通りも少ない早朝のスケートは気持ちイイ!!ロンドン最高!!(≧∀≦)
IMG_6229_1910.jpg

そして、ビクトリア駅から列車に揺られること30分、郊外のガトウィック空港に到着。

レンタカーは空港の敷地内にあって、予約もインターネットで事前に済ませておりました!

飛行機もレンタカーもホテルも何でもインターネットで簡単に世界中の予約ができるって本当に凄いですね!
IMG_4896_1910.jpg

レンタカーの予約はしていたのでスムーズだったとは思うのですが、プラスアルファの保険の事や細かい確認事項もいくつもあったので栗原くんの英会話力が無かったら、相当時間を要してたかもですね。(^_^;)

それに担当者が返却時刻の事でしつこいくらいに聞いてくる。
彼いわく、今ここで決めた返却時間が何時だろうが価格は変わらないが、決めた時間までに返却しないと追加料金が発生するから、遅い時間に決めておけとのこと。

個人的には夕方6時には返却できる位の予定だったので、遅くなってもプラス2時間あったら大丈夫だろうと思い夜8時までに返却を伝えると、しつこいくらいに夜9時とか10時が良いんじゃないかと言ってくる。
今思えば、その言葉に従っておけば何てことはなかったのですが、何となく、いやいやそんなに遅くなる事ないし夜8時で充分と胸を張って言ってしまった。。。
IMG_4897_1910.jpg


さて、選んだ車輌は、ヒュンダイ「i20 」というコンパクトハッチバック、マニュアルで排気量1200ccの車輌。日本ではあまり見かけないヒュンダイですが、イギリスではかなりの台数走ってます。日本車ではマツダが多いように感じました。

さぁ!!準備は整った!これで、イングランドの大草原を駆け抜けぬけるぞぉ!!!おーーー!!!(≧∀≦)(≧∀≦)(≧∀≦)

と、この笑顔の時には、この後に起こる悲劇を知るよしもなかった・・・。m(ToT)m
IMG_4898_1910.jpg


さぁ、意気揚々と出発し高速道路に合流すると間もなく、なんと大渋滞!!!!!

ええええええ!!!イギリスって郊外でもこんなに渋滞するのぉ!!!3車線もあって全部止まってるやん!!!!
いつも混んでる道路なのか、土曜日だったからなのか分かりませんが、なかなかの渋滞でした。m(ToT)m
ちなみに高速道路は無料なので料金所的なものはなく、自然と高速道路に合流って感じです。



結局、1時間近く渋滞にはまってましたが、その後は平均速度150km位でドライブ。飛ばしてるのではなく、これくらいで流れてます。追い越し車線は160km位でしょうか。

日本車で考えると1200ccのコンパクトカーで時速150km以上って出せるのぉ?って感じですが、無理せず巡航できます。これは車のギア比がかなり高いセッティングになっているからでしょう。
2速が3速くらいとは言いませんが、日本でのマニュアル車と比べると随分ハイギアードですね。サスペンションもやはり少し固め。
IMG_6223_1910.jpg

車が流れ出してからは快適そのもの!!

ただ、高速道路をひた走ってうちは、ここがイギリスなのか日本なのかあまり分からなくなります。やはり日本と同じ左側通行だからでしょう。


最初に向かった先はストーンヘンジではなく、インターネットで見つけていた『National Motor Museum, Beaulieu(国立自動車博物館ビューリー)』。サウサンプトンのちょっと南に位置する田舎の方にあります。


国立で自動車博物館があるなんて、さすがイギリスです!!


私は声を大にして言いたい!!
日本こそ自動車大国なので、壮大な国立自動車博物館を建設すべきなのではないでしょうか!!(≧∀≦)/


さぁ、どんなクラシックカー達が待ってるのでしょうか!!



     〜 つづく 〜





===============================
クロキ ビスポーク ルーム
オーダーで変わる粋な大人のスーツ
http://www.kuroki-br.com
===============================
Secret

TrackBackURL
→http://kurokibespokeroom.blog55.fc2.com/tb.php/1022-09aa698f