FC2ブログ
昨日はインヴァネス空港に夜7時半頃到着し、タクシーで30分ほどの所にあるホテルに宿泊。

昨晩は暗くてよく分かりませんでしたが、高原リゾートのホテルの様です。部屋も広くて仕事で来たのを忘れそうです。(^_^;)

IMG_5183_1911.jpg


さて、スコットランド初日は早速、生地の取引先へと行きたいところですが!それより先にまずはスコットランドと言えばやっぱりスコッチウイスキーです!!

ということで、スコッチウイスキーの蒸留所へ向かうことへ!!これもスコットランドで作られる生地の風土を知るという大事な任務なのであります!!( ̄^ ̄)ゞ



それではインヴァネスから蒸留所が数ある地域スペイサイドへ、レッツゴー!!(≧∀≦)/
道中、周りにはほとんど何もありませんが、ご覧の様に羊ちゃんと大自然が広がっております。

ここがやっぱりスコットランドなんだと感じさせられるのは、遠目でも分かる黒い顔の羊ちゃんの群れ。(*^O^*)
「スコティッシュ・ブラックフェイス」と呼ばれる山岳種の羊で、その原毛は一本一本が太く弾力性に富みます。

ハリスツイード等を代表するスコットランド産の生地がゴツゴツした手触りで無骨で丈夫なのは、このブラックフェイスの毛を使用しているからなのです!!
IMG_6348_1911.jpg

スコットランドのモルトウイスキーの原料となる二条大麦は3〜4月上旬に種蒔きをして8~9月に収穫されます。
今回は9月下旬に訪れましたので、ご覧の様に全て刈り取られ、あとには麦わらロールだけが多数点在しています。
写真では伝わりきれませんが、広大な丘一面の麦畑を見ただけでもスコットランドらしさが感じ取れます。(≧∀≦)
IMG_6349_1911.jpg


そして、やって来たのは!

知る人ぞ知るスコッチウイスキー『Benromach(ベンロマック)』!!\((≧∀≦))/
1898年に創業し、スペイサイドで最も生産量の少ない小さな蒸留所。
IMG_5192_1911.jpg

どんな酒造りにも良い水と環境が絶対条件ですが、ここも間違いなくその環境が整っています。
IMG_5207_1911.jpg

私たち以外にもヨーロッパやアメリカからも見学に来てありました。(^O^)
IMG_5204_1911.jpg

選び抜いた高品質のシェリー樽とバーボン樽で熟成した後、オロロソ・シェリー樽にてフィニッシュ。
樽詰めされてから10年以上の歳月を経て私たちの口に入るなんて、あらためて目の前で見ると凄いことですね。
IMG_5212_1911.jpg

10年ものと15年ものの飲み比べをさせて頂きましたが、どちらもこれぞスコッチのシングルモルトらしいピートのスモーキーさが香ります!! でも、まろやかさは全然違いました!!(≧∀≦)
IMG_5220_1911.jpg

スコットランドの蒸留所でスコッチを頂けるなんて最高ぉ〜!!しかも、まだ午前中!!2軒目いくぞぉ〜(≧∀≦)/
IMG_5222_1911_1.jpg


決して、遊びでスコットランドへ来てるわけではありませんよぉ〜  □\(≧∀≦)y−〜〜

スコットランドの服地を知るためには先ず!!スコットランド代表するスコッチウイスキーを知らなくては行けないのですぅ〜!!よーし!2軒目行くぞぉ〜!!おーーー!!!



      〜  つづく  〜




===============================
クロキ ビスポーク ルーム
オーダーで変わる粋な大人のスーツ
http://www.kuroki-br.com
===============================
Secret

TrackBackURL
→http://kurokibespokeroom.blog55.fc2.com/tb.php/1030-5b7ec077