あとは、仕上がった看板を道路わきに取り付けるだけであります!
細かいこと考えず、勢いで設置に取り組みます!

気温35℃。
とりあえず、鉄骨を立てる穴をがむしゃらに掘ります。(深さ1mを3ヶ所)
筑後弁で言うと「ベラリなりました」
標準語でいうと「疲れ果てました」
P9011495.jpg

穴を掘り終えた頃、鉄工所の先輩に頼んでおいた鉄骨が届く。
P9041499.jpg

あとは、さっき掘った穴に鉄骨刺してコンクリ流し込んで、看板付けるだけ。。。
なんて、鼻歌まじりで思っていたら、

先輩:「お前、鉄骨に穴開けられるんか?」
 私:「ドリルならありますよ!これ!」
先輩:「そんな家庭用で開けられるかぁ!アホ!」
先輩:「看板の水平は、どうやって出すんや?」
 私:「感!」
先輩:「死ね!」

と言う訳で、見かねた先輩&後輩が応援に!!!
さすがプロ!仕事が早い!本当にありがとうございましたm(_ _)m
P9041504.jpg

一夜明けていよいよ設置でありますが、昨晩大雨がふっておりまして掘った穴は泥水でいっぱい。
溜まった水をくみ出し、ぬかる足元にはダンボールを引いて対処。
P9051505.jpg

今日の助っ人は、松尾左建の若きエースの洋くんです!
コンクリ、砂、砂利、水を混ぜ混ぜ。
私も手伝いましたが、かなりの肉体労働です!
P9051507.jpg

穴の半分ほどコンクリを流し込んだところで、鉄骨を差し込みます。
そして、梁を通し、水平を確認しながら差し込む深さや位置を、抜き差ししながら微調整。
がむしゃらに掘った穴の深さが、たまたま均等だったのか!?驚くほど精度の決まりました!アハハ。
(本来は穴の底を基礎固めし、一つの穴を基準に計測器で深さを測り、鉄骨の長さを調整。そして、全ての鉄骨を組み上げてから、クレーンなんかで吊るして差し込むそうです。)
P9051508.jpg
P9051517.jpg

最後は、看板を取り付けて完成!!!どうです!立派でしょ!
先輩から「看板の寸法、歪んどるやんかぁ!」なんて言われておりましたが、
あら不思議!?鉄骨ともジャストフィット!!!
全て結果オーライということで良しとしましょう!ワハハハハ!
西原先輩、洋くん、本当にありがとうございました。心より御礼申し上げますm(_ _)m
P9051521.jpg

看板設置の直後、看板を頼りにお客様が来店!
「場所がすぐ分かるようになったよ。」との声を頂きました!よかったよかった。

===============================
クロキ ビスポーク ルーム
オーダーで変わる粋な大人のスーツ
http://www.kuroki-br.com
===============================
Secret

TrackBackURL
→http://kurokibespokeroom.blog55.fc2.com/tb.php/196-1db2a461