今年は東北地方太平洋沖地震の影響でこれまでになく環境問題や節電への意識が高まり、
ビジネスにおける服装についてもクールビズの徹底が進んでいるようですが、実はこれが結構頭を悩ませます。

「クールビズは、上着を脱いでノーネクタイになればよいので楽やね!」っていうのは、あくまでも着る本人の暑さ等に対する感覚であって、クールビズでのビジネスマナーとは違います!やはり最も気をつけたいポイントは、クールビズによるカジュアル化がだらしない印象を与えず、『清潔感』があること!当たり前の事のようですが、周りを見渡すと・・・

●クールビズでの基本的マナー●

ポイント1 : 『サイズの合ったシャツ』 を 『アイロンがけ』 をして着る!

 首回りや袖丈が合っているのは当然ですが、見落としがちなのがスマートさを左右するシャツの胴周り。いくら細身のスマートなパンツを履いてもベルトの上に胴周りの大きいシャツが乗っかていては台無しです。そして、きちっとアイロンがけされシワがないこと。簡略されるファッションになればなるほど、このような『身だしなみ』がなにより重要です!
【オーダーシャツについては http://www.kuroki-br.com をご覧ください。】


ポイント2 : 急用で上着・ネクタイを着用してもコーディネートが可能こと

 いくらクールビズが定着しようとも、必ず上着・ネクタイ着用がふさわしい時と場合が急に訪れたりします。その様な場合でも色柄のコーディネートが可能なように少なからず意識してシャツやパンツの色柄、そして、上着・ネクタイを用意しておくことが社会人としてのマナーです。


ポイント3 : アクセントがあること

 白無地のシャツに紺無地のパンツ。清潔感はあるのですが、どことなく間延びした印象です。特にネクタイをしないシャツのみの着こなしでは、どこかにアクセントなる色、デザイン、アクセサリー等のいずれかを身に付けたいものです。

 そのアクセントにお薦めしたいのが『カフリンクス』です。カフリンクスは17世紀のフランスで登場して以来、シャツのカフを留める実用面と飾りとしての数少ない男のエレガントなアクセサリーの一つです。その様な中において当社ではこの度、金属削り出しのソリッドで機能美あるデザインを追求して、他にはないカフリンクス『NOC』を発売することとなりました!詳しくはNOCオフィシャルホームページをぜひ!ご覧ください。http://www.noc-web.com

===============================
クロキ ビスポーク ルーム
オーダーで変わる粋な大人のスーツ
http://www.kuroki-br.com
===============================
Secret

TrackBackURL
→http://kurokibespokeroom.blog55.fc2.com/tb.php/248-6730d31d