では、どうやって当店のコンテナハウスができたのかぁ!<(`^´)/


その1.気が変わらないうちに、いきおいで海上コンテナを買ってみる!
(これが一番のハードルかも。)

    長さが20フィートと40フィートがありますが、今回は20フィート(約6メートル)を4基購入。

    ちなみに1基20万円なり(運賃別)決して高くはない。

    1基だけを使うのであれば、ガレージ建てるよりかなり安いですね。

    あとは、どこまで内外装を自分でやれるかでコストはかなり違ってきます!   

    P4262860.jpg

その2.デザインを決める。

    今回は、縫製スペース拡張&雨漏り対策のため梅雨前までには完成する!ということで、

    気心の知れた鉄工所&大工さんにお願いすることにしました。

    しかし!だれも海上コンテナをベースに建物にした経験がなかったので、現物を前ににらめっこです!

    素人の私には、くっつけて切りぬいて壁貼ればいいんじゃないの?と気軽に思うのですが、

    プロの皆さんを一番悩ませるのは「雨じまい」。

    今回この「雨じまい」という言葉を何度聞かされたことか。

    「雨じまい」とは建物に振り落ちた雨水をどのように流していくかということ。

    これがうまく出来ていないと雨漏りの原因になって大変なことになることも。

    P5182931.jpg

その3.制作に取り掛かる。

    コンテナの積み重ね方、出入口、窓、水まわり、塗装、

    そして「雨じまい」などの設計にメドが立ったら、いよいよ工事開始!

    でも、やり始めたら…様々な難題が。

    P6023022.jpg

    特に鉄工所の皆さんを苦しめたのが、海上コンテナ内寸や部材の微妙な違い!

    殆どの人は(私も含めて)海上コンテナって全て同じものって思ってませんでしたか?

    実はメーカーや発注した会社によって、微妙に違います!

    きっちり同じなのは外寸の四隅だけなのです!

    それを知っていたら4基まったく同じものを探してもらったんですが、

    知らなかったので状態の良さだけで送ってもらいました。

    この微妙な違いが、職人さん達の頭を悩ませましたが、無事クリア!!!

    ご苦労をお掛けいたしました。^_^;  

                                ・・・つづく。(^O^)/


===============================
クロキ ビスポーク ルーム
オーダーで変わる粋な大人のスーツ
http://www.kuroki-br.com
===============================    

Secret

TrackBackURL
→http://kurokibespokeroom.blog55.fc2.com/tb.php/390-fcfa812b