昨日、長男坊の小学校入学式に出席して目に付くことが・・・。

それは、フォーマル場面やお硬い場面になればなるほど増えてくるスーツの釦の止め方の間違い。

結論から言えば、スーツの上着の一番下の釦は留めなくてよい!と言うより、基本留めません!<(`^´)/

それは二つ釦でも三つ釦でも同じです!

本来のスーツのフロントカットはウエスト付近の釦から裾に向かってわずかに広がっており、

一番下のボタンを留めてしまうと無理な皺がよってしまいます。

もともと一番下のボタンは留める事を想定していない飾り釦なのです!\(◎o◎)/

ところが、釦が付いてるものだからお硬い場面になればなるほど、

「釦をすべて止めておかないと失礼になる。」みたいな心理で、全部釦を留めてしまわれるのではないでしょうか。

もし、天皇陛下の前で表彰される事があっても、一番下の釦は留めません!!!



と、ここまで書きましたが、アメリカの第35代大統領ジョン・F・ケネディが留めていたことは有名です!

ええええええ!!!という感じですが、それは、ケネディがスーツを着た場合、

釦を一番下まで留めないと中のシャツが他の人に見えてしまうからと言うもので

激しい演説でのアクションや歩いていた時にシャツがお腹あたりから見えるのを嫌ったということです。

そのために一番下のボタンを留めるのを前提にスーツをオーダーメイドしていたというほど。

理由はともかく、二つ釦スーツの釦を全部留めるスタイルは、

JFK人気にも乗って「ケネディスタイル」と呼ばれ、アメリカ全土にたちまち流行したということです。

JFK

しかしこれは、着用される方がスーツのルールを理解し、

尚且つ、その方のキャラクター&強いこだわりがあって成り立つものです!

なにも知らない方が思わず全部釦を留めてしまった!というのとは、似て非なるもの!<(`^´)>

やはり一番下の釦は留めない方が間違いありませんので、お気を付けを。m(_ _)m

===============================
クロキ ビスポーク ルーム
オーダーで変わる粋な大人のスーツ
http://www.kuroki-br.com
===============================
Secret

TrackBackURL
→http://kurokibespokeroom.blog55.fc2.com/tb.php/457-3886ef2d