野田です。m(_ _)m
皆さまお待ちかねの『野田が世界をゆく!!』の時間がやってまりました。つづきをどうぞ。


空港からホテルまで大渋滞のフィレンツェの街、その大渋滞の車の間を小刻みにウィンカーも上げずにすり抜けて行き、ときに他車をクラクションで威嚇したり、窓を開けて直で文句言ったり、明らかに業務連絡でもない電話を延々としたり、でも女性ドライバーには「プレーゴ、アモーレ!」なんて言って道を譲ったり、そんないかにも?なイタリア人タクシードライバーのお陰で無事にホテル到着。

日本ではクラクションの音をあまり聞かなくなりましたが、一生分のクラクションの音とサッカーの長友選手よりも流暢な「アモ〜レ!!」を聞いて改めて「イタリアにきたなぁ〜」と思った次第です。

その後、軽く着替えたり身だしなみを整え、いざピッティへ!

1_1.jpg

ピッティピッティ言ってますが、ここでご存知ない方のために、ピッティとは?

正式名称 ピッティ・イマジネ・ウオモ
イタリア・フィレンツェのバッソ要塞で行われる世界最大規模の紳士服見本市です。
ピッティ〇〇◯、ピッティ△△△など、子供服だったり、素材の見本市もありますが、日本で「ピッティ」というと、この「ピッティ・イマジネ・ウオモ」の紳士服の見本市を指すことがほとんどだと思われます。

そして、その会場にたむろするオシャレ自慢や、撮られたがりの人たち、ブランドの宣伝のために颯爽と商品を着こなし練り歩くモデルさん達、これらの人々はピッティ・ピープルと呼ばれてます。彼らを撮影し一冊の本にまとめたものとして、過去に「チョイ悪オヤジ」のフレーズで馴染みのあるファッション雑誌「レオン」の別冊「スナップレオン」が有名です。

撮影される際は、カメラ目線の方は少数です。遠くを見つめていたり、結構な割合で電話してる人が多いです。撮る側も撮られる側もその方が自然でいいのでしょう。なので、この電話してるポーズは「ピッティ・ポーズ」とよばれています。 もちろん本当に電話してる人はいません。



さて、いよいよ会場入りです。
ホテルから会場のバッソ要塞まで歩いて10分程だと思いますが、
みんな気がはやるのでしょうか?7分位で到着したと思います。

IMG_4969_1.jpg

バッソ要塞の門をくぐり、メインゲート前の広場。今年はマトリックス風でした。

3_1.jpg

そして会場入り口にて・・・

5_1.jpg

でたぁ〜噂のピッティ・ポーズ!!!夢にまで見たピッティ・ポーズ!!!

今回のイタリア出張の全てを出し切った全身全霊のピッティ・ポーズです!!!



                    
            

・・・・・・(-_-;) 野田くん。まさか初日のここで終った気になってたんじゃないだろうね。。。


===============================
クロキ ビスポーク ルーム
オーダーで変わる粋な大人のスーツ
http://www.kuroki-br.com
===============================
Secret

TrackBackURL
→http://kurokibespokeroom.blog55.fc2.com/tb.php/790-d5e6054c