野田です。m(_ _)m
闇の圧力により『野田が世界をゆく!!』が連載中止に追い込まれているとの噂が流れておりましたが
5ヶ月ぶりに再開です!!ヽ(`Д´)ノ

では、続きをどうぞ。





んっ〜んっ〜〜〜んっ〜んっ〜〜〜

(トイレにこもってます。)
toilet1702001.jpg


あのトムヤム君の野郎〜! ※

【※トムヤム君野郎が誰なのかは、以前の回を参照ください。http://kurokibespokeroom.blog55.fc2.com/blog-entry-813.html】


せっかく次のアポイントまでミラノの街を散策しようと思ってたのに、

イテテテテテテテ!ハライテテテテテ・・・・

友達になれたと思ってたのに・・・


異国の地で裏切られちまったぜ・・・



45分程篭もりきって、自分の全てを出しきり、その後休憩をはさみ約30分

親友と思ってたのに裏切られたアイツのことを思い出さえも跡形もなく水に流した Heartbreak Hotel inミラノ









異国の地で大変なことになりかけましたが、

そんなアイツのことは忘れて前向きに行きたいと思います。

次のアポイントのサルトリア・CRESENTの河合聡輝氏の元へ訪問する時間が迫ってきましたが、なんとかなりそうです。



訪問すると河合氏と身重の奥様に迎えて頂きました。

最近引っ越されたとのことのアトリエ兼自宅

綺麗に整頓されお二人の幸せな暮らしぶりが垣間見れます。

IMG_7057_1606.jpg

河合氏の話は大変興味深く、仕事ぶりも素晴らしく非常に感銘をうけ勉強になりました。
(ここでの詳しいお話しはこちらを→http://kurokibespokeroom.blog55.fc2.com/blog-entry-785.html)


途中河合氏が、「お茶も出さずに申し訳ございませんでした。妻が準備してますので。」と仰り、

間もなくコーヒーをお出し頂きました。


私:(ヤバイよなぁ〜さっきまでアレだったのに、、、)


その瞬間、忘れたはずのアイツが表れました。トムヤムの野郎が囁きかけます。

卜:「ダイジョブダイジョブ!」

私:(今何かを口に入れるのは流石にヤバイよね?)

卜:「ダイジョブダイジョブ!ゼンブデタカラダイジョブヨ!!」

河合氏:「コーヒーはお嫌いですか?」(いいえ)
河合氏:「妻が入れたコーヒー美味しいですよ!どうぞ!」
河合氏:「今休職中ですが、妻は※バリスタなんですよ!」
※バリスタ(伊: barista)は、バールのカウンターに立ち、客からの注文を受けてエスプレッソをはじめとするコーヒーを淹れる職業、およびその職業についている人物をいう。

ここまで河合氏に勧められたら飲まない訳にはいきません。

(え~い、ままよ!!)

この時トムヤムがほくそ笑んだのが見えた気がしました。

「美味しい!!!!」




その後暫し談笑し、再度お話伺い始めた約10分後




やはりやってきました。思いのほか早かったです。

バッテリー上がりかけのバイクのセルモーターを回す感じです。

(キュルキュル〜キュルキュルキュル〜キュルッキュル〜)

この感じは750cc?

ドゥカティ?イタリアだけに!!

やかましワイ!!

説明します。

ドゥカティ(Ducati)とは、イタリアのボローニャを拠点とするオートバイメーカー・販売会社である。アウディは2012年4月にドゥカティを買収した。


そんなことは今の私にとってどうでもいいことです。


大波小波どんぶらこ~どんぶらこ~

息も絶え絶え冷や汗と油汗が出てきます。

(ほんとにヤバイ・・・トイレを借りるか?いや、引っ越して間もないお二人の幸せな愛の住処を汚すわけにはいかない!!もしそんなことをすれば生まれてくるお二人の可愛い罪のない赤ん坊が人の道を外れるとんでもないグレかたをするかもしれない!!!)

〜しばし干潮〜

(ふっ〜〜何とか波が引いたぜー耐え切ったぜー)

(河合氏もお忙しいでしょうからそろそろお暇しませんか?)

(あっ!終わりそう終わりそう!ナイス!!じゃなくて本当はもっといろいろ聞きたいんだけど・・・)

「最後に質問ないですか?」

(もういろいろと聞いたじゃない、無いでしょ皆さん?)

「最後一ついいですか?」

(あるの?!もうすぐ私満潮なんですけど!!!)

質疑応答も終わりやっと終わりです。

と思った次の瞬間、

「野田君何かない?」

「ないです!!」

うちの社長からでしたが、

食い気味で答えてしまいました。

「あっいや、皆さんの質問と同じでしたのでダイジョブです!」

「じゃあこれで終わりということで、ありがとうございました!!」


(やったぜ〜!!!!!)

「最後に記念撮影しましょう!!」


この辺りから記憶がとぎれとぎれです。

冷や汗油汗、息も絶え絶えになりながら、途中足をクロスさせモデル立ちを装いながら下半身の筋肉、それも一点に集中・集約しながら皆さんのポジショニングが終わるのを待ちます。

「カシャッ」
シャッター音が響き渡ります。が、ここで安心してはいけません。

念のためもう一枚があります。

「カシャッ」
念のためもう一枚も無事に乗り切りました。

その時思いもよらぬ言葉を聞きます。

「ショップ毎に撮りましょう!」

(あっ〜もうダメだぁ〜40歳妻子持ち〜異国の地でやっちゃうよ〜!!)

限界ギリギリの私

すると驚くべきことが起こりました。

なんということでしょう!

波が引いていくではないですか!

でも意識は飛びかけ、記憶は途切れかけ


その時の写真がこんな感じです。
IMG_5271_06002.jpg


                              〜 つづく 〜



どおりでこの時の写真、野田くんの目が死んでると思ったよ。抜け殻の様だけど拳にも力が入ってるし。(^.^)



===============================
クロキ ビスポーク ルーム
オーダーで変わる粋な大人のスーツ
http://www.kuroki-br.com
===============================


Secret

TrackBackURL
→http://kurokibespokeroom.blog55.fc2.com/tb.php/848-06b03c17