『英国ジェントルマン3大聖地巡り』の3大には入っていないのですが・・・


今回のイギリスでの私の(裏)メインイベント!!!

Goodwood Festival of Speed(グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード)観戦!!!!!\(*^O^*)/

やったぁ!!!!!(*^O^*)(*^O^*)(*^O^*)

一度は生で観たい自動車イベントだったのです!!!!

実は今回のイギリス出張スケジュールは、私のわがままでグッドウッドの日程に合わせてしまいましたぁ!!!

そこそこのクルマ好き男子なら間違いなく!このイベントを生で観戦したら興奮します!!!絶対に!!!

gwflogo.jpg

では、Goodwood Festival of Speed(グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード)とは!!
イングランドのウェスト・サセックスにあるグッドウッドで開催。年に一度、6月下旬から7月初旬に開催され、様々な車両やモータースポーツを愛する皇族や愛好家が集い、4日間に渡って華やかに開催される熱狂的なモーターレースイベントです。世界最大規模のこのフェスティバルには、世界各国から非常にレアで魅力的な車が新旧問わず集結します。

フェスティバルの主催者であるリッチモンド公爵家は、グレートブリテン島南岸のチチェスター北部の丘陵地に12,000エーカーの広大な私有地を持ち、カントリー・ハウス (Goodwood House) や牧草地、リゾートホテル、ゴルフコース、グッドウッド競馬場、グッドウッド・サーキット、チチェスター・グッドウッド空港などを所有している。
リッチモンド公爵家の嫡男でマーチ伯爵(英語版)の儀礼称号を使用するチャールズ・ゴードン=レノックス(英語版) は祖父第9代リッチモンド公爵フレデリック・ゴードン=レノックス(英語版) が建設したサーキットを復活させた。また、マーチ卿自身も熱心なレース愛好家であることから、私有地を開放して、古き良き時代のレーシングマシンの魅力を楽しむことのできるイベントを企画した。<Wikipedia参照>



簡単に言うと、クルマ好き貴族のリッチモンドさんが、自身の敷地内でクルマのお祭りをやってるという感じ。

このイベントの面白いところは、レースではなくフェスティバルっていうこと!!

そして、新旧問わず、あらゆるカテゴリーのクルマが凄い数集まるっていうところ!!



さて、はやる気持ちを抑えながらビクトリア駅へ競歩で向かいます。(*^O^*)

IMG_7739_17.jpg

奇跡の仕立屋仲間は、列車の中でもとにかく話が尽きません。(*^O^*)

IMG_7741_17.jpg

ロンドンから真っ直ぐ南に行った海辺の街ブライトン。そこで西へ乗り換えてチチェスター駅を目指します。
屋根の鉄骨もイイ感じです。

IMG_9032_17.jpg

だんだん途中の駅も田舎の雰囲気に。。。
スローな雰囲気と同じように、ブライトンで乗り換えた列車が各駅停車の上、遅い遅い。。。じらすよねぇ〜(*^O^*)

IMG_7745_17.jpg



そうしてようやくグッドウッドの最寄りの駅チチェスターに無事到着したのは、ビクトリア駅を出て約2時間後。思った以上に時間が掛かりましたが、後はバスに少し乗るだけ!!



ただ・・・興奮気味の私の気持ちとは裏腹に、・・・駅も周辺もかなり静か。(^_^;)



そういえば、行きの列車もそんなに人が多くなかったし・・・降りた人も少なかったなぁ・・・(^_^;)



それに横断幕みたいな、ウェルカムトゥグッドウッド!!!みないな・・・のも見当たらない。(ToT)



来場者数は確か・・・4日間で20万人以上のはずなのに。(ToT)



20万人どこに消えた!?



もしかして、場所間違った??



もしかして、日程間違った???





(ToT)





(ToT)(ToT)





(ToT)(ToT)(ToT)





様々な不安がよぎりながらもバス乗り場へ向かうと

おおおおおおおおおおお!!!!!




グッドウッドフェスティバル行きのバスチケット売り場が設けられているではありませんかぁ!!!!!!

ここらで開催しているのは間違いない!!!!俺らは間違ってなかったぁ!!!!!(ToT)/





でも待てよ、20万人規模のイベントにしては・・・特設バスチケット売り場も・・・飾り付けもなく小さいテーブル3つだけだし・・・

っていうか!グッドウッド行きのダブルデッカーバスに乗り込んできたのは自分達以外、白人夫婦2人だけやん(ToT)





グッドウッドって本当は人気の無いイベントで、ネットで大きく見せてただけなんじゃないのぉ〜m(ToT)m
という思いが。




さらに、このバスがなかなか出発しない。

もう、このまま夕暮れになるんじゃないか、こまま年老いて死んでしまうんじゃないかと思ってた頃、ようやく出発。





( この辺りは動揺していたせいか、写真がございません。m(_ _)m )





バスに揺られながら思うのは、自分が今までネットで見てきたクルマの映像も、20万人規模っていうのも


   ネット情報に騙されてたんだ。きっと。(ToT)


       グッドウッドぉ〜嘘だと言ってぇ〜 m(ToT)/




                        つづく


===============================
クロキ ビスポーク ルーム
オーダーで変わる粋な大人のスーツ
http://www.kuroki-br.com
===============================
Secret

TrackBackURL
→http://kurokibespokeroom.blog55.fc2.com/tb.php/879-dd50bd12