溜まってた仕事も片付いてきましたぁ!
ようやく、ヨーロッパ視察旅行【サビル・ロウへの道】のご報告です!
結論から申しますと・・・人生観じゃっかん変わりました(笑)
スーツや出来事について書く前に、私の頭の中で変わったことの方をまず。

圧倒的な「歴史の厚み」をもったスケールの大きさを体感致しました。
ロンドンもパリも街並みそのものが「歴史の厚み」の中に存在している感じなのです。
よってそこで暮らす人々にも、永い歴史の末に生活してられるような奥深いイメージを持ってしまいます。

似たようなヨーロッパの街並みはハウステンボスなんかでも見ることはできますが、
それはどこまでいっても装飾に過ぎず薄っぺらい。
もちろんそこで「歴史の厚み」なんかは絶対に感じることはできません。

景観的なもので日本の歴史を感じられるのは、今では奈良や京都くらいですが、
実はそんな景観的なものだけではなく、個人それぞれが日本の歴史や地域の歴史、
そして先祖の歴史を認識するだけでも、なんだか豊かで厚みがあるものになる様な気がしました。

「海外に行って初めてわかるものがある」なんてことを言いますが、きっとこれらもそうでしょう。
よぉーし!厚みのある仕立屋になるぞぉ!おー!

で、いかほどの旅だったかは・・・次回から。

===============================
クロキ ビスポーク ルーム
オーダーで変わる粋な大人のスーツ
http://www.kuroki-br.com
===============================
Secret

TrackBackURL
→http://kurokibespokeroom.blog55.fc2.com/tb.php/98-be6b1c22